たびらい
北海道

たびらいはたびらいへと生まれ変わりました。

北海道登別温泉ツアー特集

  >    >    >  北海道登別温泉ツアー特集

登別温泉特集

素材提供:祝いの宿 登別グランドホテル / ホテル まほろば / 第一滝本館 / 登別石水亭

登別温泉はご存知のとおり北海道最大の温泉地で、毎年、北海道内・道外から多くの人が訪れます。11種類の温泉と1日1万トンもの湧出量を誇り、ほとんどの温泉がかけ流しを実施しています。また、登別は海にも山にも面し、どこの宿も新鮮な食材を使った料理が自慢です。

祝いの宿 登別グランドホテル

祝いの宿 登別グランドホテル/バイキング
登別グランドホテルのバイキング
全席指定で、あらかじめ刺身など5品の和食膳がセットされている。席を探してすぐ食事を取りに席を立たずに済み、落ち着いて食事ができる。
祝いの宿 登別グランドホテル/ローマ風大浴場滝見の露天やローマ風大浴場で、硫黄泉・食塩泉・鉄泉の3種類の泉質を楽しめる。
 入浴のみ 大人1,000円、小学生500円、小学生未満300円、12:00-17:30、18:30-20:00、繁忙時間帯不可、月・木休業
 駐車場 200台、無料
 問合せ 0143-84-2425
[祝いの宿 登別グランドホテル] ステイのツアー
羽田発 3日間 29,800円〜
新千歳〜登別〜札幌うれしい送迎付&夕朝食付!登別グランドホテル+フェニシアンプラザホテル
羽田発 3日間 29,800円〜
新千歳〜登別〜札幌うれしい送迎付&夕朝食付!登別グランドホテル+ホテルエミシア札幌
ツアーを探す >> 羽田発 | 大阪発 | 名古屋発 | 福岡発

ホテル まほろば

ホテル まほろば/キッチンスタジアム
ホテル まほろばのバイキング
その場でシェフが腕を振るう「キッチンスタジアム」に、3大ガニ(毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ)食べ放題、とバイキングも豪華。

ホテル まほろば/露天風呂4つの泉質があり、露天風呂・ジャグジーなど31もの浴槽があり多彩。朝と夜で男女を入れ替えるので、全風呂を堪能することができ

る。

 駐車場 250台、無料
 問合せ 0143-84-2211
 
[ホテル まほろば] ステイのツアー
羽田発 3日間 47,800円〜
JRフリーパス&ホテルまでのバス&夕朝食付!ホテルが選べる!ホテルまほろば3日間
大阪発 3日間 33,800円〜
31種類の温泉をたっぷり満喫!無料送迎バスも利用OK!夕朝食付!ホテルまほろば 3日間
ツアーを探す >> 羽田発 | 大阪発 | 名古屋発 | 福岡発

愛妻の湯 第一滝本館

第一滝本館/バイキング
第一滝本館のバイキング
その場で焼き上げる熱々のステーキやタラバガニが人気。その他にも、蒸し物、焼き物、デザートに至るまで和洋中の料理を食べきれないほど堪能できる。
第一滝本館/露天風呂(美肌の湯)第一滝本館は、登別でもっとも古い歴史を持つ。7種類の泉質があり、35もの風呂を満喫できる。写真は男性露天風呂(美肌の湯)
 入浴のみ 大人2,000円、小人1,000円、9:00-17:00
 駐車場 有(無料)
 問合せ 0143-84-3322
[愛妻の湯 第一滝本館] ステイのツアー
羽田発 2日間 28,800円〜
札幌駅北口より往復送迎バス付!7種の泉質・35の温泉!人気のステーキ・タラバ!第一滝本館
大阪発 3日間 37,800円〜
30もの温泉と食事をたっぷり堪能!夕食部屋食プラン付!創業148年の老舗旅館・第一滝本館
ツアーを探す >> 羽田発 | 大阪発 | 名古屋発 | 福岡発

登別 石水亭

登別 石水亭/バイキング
登別石水亭のバイキング
「桜房」では、食前酒、前菜、御造り、焼き物のテーブルメニューと、シェフがその場で作る天ぷら・ステーキや約20種類のダイニングメニューを食べ放題。
登別 石水亭/空中露天風呂源泉の湯が惜しげもなく注ぐ檜と信楽焼の大きな浴槽の空中露天風呂。目の前に自然が広がる。
 入浴のみ 大人(中学生以上)800円、小学生400円、幼児無料、11:00-17:00
 駐車場 150台、無料
 問合せ 0143-84-2255
[登別 石水亭] ステイのツアー
羽田発 2日間 25,800円〜
札幌駅北口よりホテルまで往復送迎バス付!空中露天風呂が人気の登別石水亭3日間
羽田発 3日間 28,500円〜
5日前まで受付OK!旭山動物園・キロロへのバスオプション付!登別石水亭・札幌3日間
ツアーを探す >> 羽田発 | 大阪発 | 名古屋発 | 福岡発

たびらいおすすめ クルマで行く温泉三昧 湯めぐりの旅

国道36号線
国道36号線
(経由)
国道230号線
国道230号線
国道230号線
国道230号線
国道230号線

※ 定山渓からは、朝里川温泉を通って、小樽に向かうこともできます。

ページ先頭へ